MENU

クレジットカード現金化は自己破産できない?任意整理や個人再生への影響も解説

クレジットカード現金化は自己破産できない?任意整理や個人再生への影響も解説
現金化初心者

クレジットカード現金化をしていたら自己破産はできないの?

なんて疑問をお持ちの方はいませんか?

はじめまして。クレジットカード現金化のアンサー現役スタッフ小高です。

今回は、クレジットカード現金化は自己破産できるのか・任意整理や個人再生への影響はあるのかどうかなど解説しています。

現役現金化業者 小高一樹

実際にクレジットカード現金化で自己破産が認められた事例なども紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

クレジットカード現金化をすると自己破産できない可能性がある

クレジットカード現金化をすると自己破産できない可能性がある

クレジットカード現金化をすると自己破産できない可能性があります

現金化初心者

どうしてクレジットカード現金化すると自己破産できなくなるの?

現役現金化業者 小高一樹

実は、クレジットカード現金化を行うと免責不許可事由にあたる可能性があります。
以下で詳しく紹介していくので確認していきましょう。

免責不許可事由に当たる可能性がある

クレジットカード現金化を行うことで、免責不許可事由にあたる可能性があります。

免責不許可事由とは、
破産手続きの中で、借金の返済義務から免れるための免責が認められない特定の理由

①詐欺的借り入れ虚偽の情報を用いて借り入れを行った場合や、返済能力がないにも関わらず故意に借り入れを行った場合
②浪費借金をギャンブルや贅沢な消費に使った場合
③免責申し立て前の財産隠し破産申し立てを行う前に、自身の資産を隠したり、不正に処分したりする行為
④破産手続き開始後の不正行為破産手続きが開始された後に、資産を隠したり虚偽の申告をしたりする行為
⑤過去の免責不許可過去に免責不許可事由で免責が認められなかった場合、再び破産を申し立てたとしても一定期間は免責が認められない

クレジットカード現金化は本来の使用目的とは異なり、現金を得るために商品を購入後すぐにそれを現金化する行為を指します。

法律専門家や金融機関からは、この行為が契約違反や詐欺行為に相当する可能性があることから、免責不許可事由として判断されてしまうのです。

日本の破産法では「悪意の借金」や「財産の隠ぺい」などが免責不許可事由とされており、クレジットカード現金化がこれに該当する可能性がある

現役現金化業者 小高一樹

実際に、破産手続き中にクレジットカード現金化が発覚した場合、免責が認められない事例が報告されています。
これはクレジットカード現金化が計画的かつ不正な意図をもって行われたの判断されたためです。
特に、大量の現金化を行ったケースでは、その行為が重大な信頼損失をもたらし、法的な制裁を受けることになるでしょう。

クレジットカード現金化で自己破産が認められた事例

クレジットカード現金化で自己破産が認められた事例

クレジットカード現金化で自己破産が認められた事例は稀ですが、ゼロではありません。

自己破産手続きにおいて、クレジットカード現金化が認められるのは以下の通りです。

その行為が詐欺や不正の意図なく、かつ経済的な苦境に迫られた結果であることが証明された場合

この証明には、具体的な財務状況の開示や経済的な困難に至った経緯の説明が求められます。

以下に、クレジットカード現金化で自己破産が認められた事例を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

実例はこちらから

ある方が医療費の急増により財政的に追い詰められ、クレジットカード現金化を行ったケースがあります。

この方は、病気の治療に必要な資金を調達するために現金化を選択し、返済する意思があったのにも関わらず経済状況がさらに悪化したため、自己破産を申請しました。

裁判所は、この行為が経済的な絶望状態にあること、そして借金返済の意志があったことを認め、自己破産を許可しています。

現役現金化業者 小高一樹

クレジットカード現金化による自己破産の認められる事例は、通常
・経済的な絶体絶命の状況
・その他避けられない事情がある場合
に限られます。
そのため、クレジットカード現金化を行う前にリスクと法的な影響を慎重に考慮することが重要です。

クレジットカード現金化していても任意整理や個人再生ならできる?

クレジットカード現金化していても任意整理や個人再生ならできる?

結論から言うと、クレジットカード現金化していても任意整理や個人再生の手続きを行うことが可能です。

しかし、それぞれ以下の注意点があるので確認してください。

任意整理の場合

クレジットカード現金化を行っていて任意整理の手続きをする場合は、クレジットカード会社の協力が必要不可欠です。

任意整理は債務者と債権者間で交渉を行い、利息のカットや返済期間の延長を目指す手続きとなります。

債務者他者(債権者)に対して何らかの義務を負う人または組織
お金を借りている側・支払うべき側
クレジットカードの使用者
債権者債務者から何らかの形で返済や履行を受ける権利を持つ人または組織
お金を貸している側・受け取るべき側
銀行が住宅ローンを提供した場合、その銀行が該当

クレジットカードが発覚すると、信用度が低下して債権者が交渉に応じるかどうかが不確かになります。

ただし、債務者が返済意志を示し、過去の返済履歴が比較的良好であれば、債権者が協力することもあるのです。

現役現金化業者 小高一樹

任意整理は、債務者がクレジットカード現金化を行った場合でも選択肢となり得ますが、成功できるかどうかは債務者の過去の行動と、債権者の協力によって大きく左右されます。
事前に法的アドバイスを得て、すべての債務情報を正確に開示することが重要です。

個人再生の場合

クレジットカード現金化を行っていて個人再生の手続きをする場合は、裁判所の厳格な審査があります。

個人再生は、裁判所を通じて債務の一部を免除し、残りの債務を3~5年で返済する手続きです。

この手続きでは、債務者の収入や財産、債務の発生原因などが詳細に審査されます。

クレジットカード現金化が計画的な不正行為とみなされない限り、手続きを進めることができるのです。

現役現金化業者 小高一樹

クレジットカード現金化後でも、個人再生は有効な解決策となり得ますが、その可否は裁判所による厳格な審査によって左右されます。
事前にしっかりと準備を行い、すべての情報を透明にすることが成功の鍵となるでしょう。

クレジットカード現金化の自己破産について気になる方によくある質問

クレジットカード現金化について気になる方によくある質問

クレジットカード現金化の自己破産について気になる方によくある質問は以下の通りです。

では1つずつ見ていきましょう。

自己破産でクレジットカード現金化を正直に伝えれば許される?

自己破産手続き中にクレジットカード現金化を正直に伝えることは必要ですが「許される」という表現は適切ではありません。

すべての財務情報と借り入れの経緯を開示することは求められますが、場合によっては免責不許可事由に該当する可能性があります。

現役現金化業者 小高一樹

正直に伝えたとしても、それによって免責が保証されるわけではなく、裁判所が全体的な状況を考慮して決定するので「許される」とは少し違うのです。

自己破産するとクレジットカードの残高はどうなる?

自己破産をすると、原則としてクレジットカードの残高を含むほとんどの借金が免除されます。

ただし、破産申し立て前に行われた詐欺的な行為や免責不許可事由に該当する行為があった場合は、その債務が免除されない可能性もあるので注意しましょう。

現役現金化業者 小高一樹

クレジットカード現金化行為が免責不許可事由に該当されることもあり得るため、残高もすべて負担するリスクがあることも覚えておくようにしてください。

クレジットカードで買ったものを売るとバレる?

クレジットカードで買ったものを売ると、自己破産手続きをした場合にバレる可能性が高いです。

クレジットカードで買ったものを売る行為は免責不許可の理由となる可能性があるため、正直に申告することが求められます。

また、財務状況を調査する過程でこのような取引が発覚することは十分にあり得るので、バレる可能性は高いでしょう。

2年前など過去のカード現金化も問題になる?

過去に行われたクレジットカード現金化も問題になることがあります。

特に自己破産手続きでは、過去数年間の財務行動が検証の対象となるからです。

過去にクレジットカード現金化を行った事実がある場合、以下のことなどが審査されて免責の可否に影響を及ぼす可能性があります。

  • 詐欺的な意図であったかどうか
  • 返済能力があるにも関わらず行ったかどうか
現役現金化業者 小高一樹

自己破産手続きにおいて検証される財務行動の期間は、国や具体的なケースによって異なります。
日本においては通常、過去5年間の財務行動が検証の対象となるので覚えておきましょう。

クレジットカード現金化の自己破産まとめ

クレジットカード現金化の自己破産まとめ

今回は、クレジットカード現金化の自己破産について気になる情報を詳しく解説してきました。

自己破産手続きでは、過去5年間の財務行動が検証の対象となります。

この期間中に行われたクレジットカード現金化の事実が発覚した場合はそれが免責不許可事由に該当し、自己破産が認められない可能性があるので注意してください。

免責不許可事由をもう1度確認
  • 詐欺的借り入れ
  • 浪費
  • 免責申し立て前の財産隠し
  • 破産手続き開始後の不正行為
  • 過去の免責不許可

これらの免責不許可事由は、破産法に基づき債務者が破産から免除されることを阻む可能性があります。

現役現金化業者 小高一樹

クレジットカード現金化に伴う自己破産申請は、複雑で厳しい審査が伴うため、債務者は正直かつ完全な情報を提供することが必要不可欠です。
完全な情報を提供したからと言って必ず自己破産ができるわけではありませんが、任意整理や個人再生などもあるのでよく考えて行動するようにしましょう。

コメント

コメントする

目次